時期によっても違う?車が高く売れる時期

車を売りたいと思っても、いつが売れる時期なのか、ちょっとわかりにくいですよね。

 

実は、車を売却するには、時期があるのですが、売れる時期は「今」なのです。

 

勿論、人気などによって車の査定額が上下することはありますが、基本的に車の価値は、新しいほど高額であると思っておいたほうが良いようです。
また、車は使えば使うほど走行距離を延ばしていきますが、あまり使っていないような走行距離の少ない車や年式が新しい車ほど買取価格が高いようですね。
しかし、これ以外にも車が高く売れる時期があるようです。

 

実は、年式が新しければ高く売れるというのは、1月が来れば1年古い年式となるということです。
逆に言えば、12月までは年式が代わらないということになりますよね。
実は、この1ヶ月の差で、10万円単位で買い取り価格が変動する可能性があるのです。
車を高く売れる時期というよりは、買取価格が大幅に下がる前の時期という方が正しい書き方なのかもしれませんが、
1月に売るよりは12月に売ってしまった方が査定額も高くなり買取価格も納得がいくものになる可能性があります。

 

では、12月ならいつでも高価買取をしてくれるのかというと、実はそうではありません。
同じ12月でも年末に近づいてくると、翌月の1月に契約という形になる可能性があります。
そうなると、買取査定額の価格も10万円程度下がってきますので、厳密に言えば、11月中か12月上旬までに契約をしておいた方が良いようです。
このように、車を売る時期は、出来る限り早い方が良いので、車を売る時期は「今」ということになります。
悩めば悩むほど、その間に車を使うこともあると思いますので走行距離が延びたり、年式が代わるということにもなります。
悩む前に、一括査定サービスを使って、一日も早く車を売却すると良いでしょう。