意外と知らない?すでに払った自動車税は戻ってきます

車を売却したときに返金される自動車税があるのをご存知でしょうか。

 

自動車税は、自動車を所有していることに対してかかる税金なので、4月1日現在で車を所有している人に対して支払い義務が生じるのです。
通常は、このときに1年分をまとめて払うのですが、例えば、年度の途中で車を売却してしまう場合は、それ以降その車を所有していないわけなので、税金の過払い扱いとなりますが、その過払い分の自動車税が戻ってくるのです。

 

以前は、国でこのような名義異動の場合でも、残り期間分の自動車税が還付されて、新しい所有者に残りの期間分の自動車税の納税義務が発生していました。

 

しかし、今ではこの還付制度がなくなっていますので、現在は還付されません。
この還付制度の廃止のためか、現在は、車を売却する場合は、新所有者が旧所有者にたいして、自動車税の月割計算分を支払うのが一般的となっているようですね。
これは、新車購入のときに自動車税を月割計算し納付することに関係しているようです。

 

普通車を購入する際には、年度の残り期間分の自動車税を払い、普通車を売却する際には年度の残り期間分の自動車税を受け取ることができるようです。
一方、同じく所有していることに対してかかる税金である軽自動車税は、売却の際にその一部が戻ってくることはないようです。

 

これは、軽自動車税が、年額のみで課税されて、月割計算を行わないためと言われています。

 

軽自動車の場合は、4月1日時点で所有に対して課税されるのは同じなのですが、たとえば4月2日に軽自動車の新車を購入した場合も、その年度の軽自動車税は発生しない仕組みになっています。
このため、売却するときも、月割計算で戻ってくることがないので、覚えておきましょう。

 

このようなことも買取専門店なら、代行して行ってくれるので、安心して車の売却ができますよ。