こんなトラブルも!車の売却で実際にあったトラブルとは?

車の査定をして売却する場合、トラブルなどはないのか心配になりますよね。
実は、車の売却でトラブルにあった人は、結構います。
ここでは、車の売却で実際にトラブルにあったことをお話していきたいと思います。
今では、インターネットで自分の近くの自動車買取店を調べることが出来ますが、その中には、無料で査定してくれるありがたいお店もあります。

 

無料ということばにつられてお店へ行き、無料で査定をしてもらえたし満足のいく査定額だったので、契約をきめたのはいいのですが、
その数日後、買取業者から連絡が入り「事故車ということが判明したので、査定額を変更させていただきます」と言われ、以前の査定額よりも大幅に安い査定額になったという話がよくあります。
実は、こういった案件は現在とても多く、毎日のように増えているトラブルなのです。
実は、最初は高い査定額で提示して契約を取り、その後、事故車であるとか、傷がついているとのことで査定額を大幅に下げてくる車買取業者が増えています。

 

消費者契約法というもののなかには、業者に一方的に有利になるような消費者契約の条項を無効にするという規定がありますが、キャンセル料として高い金額を請求されても、その業者に発生する平均的な損害額を超えている場合は、超えた分は無効になるということが書かれています。
事故車であることを契約者が隠していた場合は、契約者の落ち度となりますが、契約者に事故車であるという認識がないばあいは、
中古車買取業者に本当に事故車であるという修復歴があったのかなどの証明書の提出を求める必要がありますので、覚えておくと良いでしょう。