普通車と軽自動車で異なる、車売却の手続き

車を売却するときに普通車と軽自動車では、売却の手続が違ってきます。
普通車の名義変更に必要な書類は数多くありますが、一つ一つ間違いがないかを確認することが大切です。
車庫証明や印鑑証明などの書類には有効期限がありますので、のんびり準備していると、すぐに期限切れになってしまいますので注意してくださいね。
普通車の車売却の時の手続は、どんどん揃えていって、名義変更に必要な書類が揃ったら、書類を添えて申請書類を作成して準備しておくと良いようです。
手続当日に陸運局で作成する事も出来ますが、大量の書類を立って記入しなければならないところも多く、その時に間違えや不備があれば、また書き直しという具合になります。
手続当日に書類をそろえると時間もかかりますので、事前に書類作成しておくと良いでしょう。
一方、軽自動車の場合も名義変更に必要な書類は数多くありますが、一つずつ間違いがないかチェックして書類をそろえると良いでしょう。
軽自動車も普通車同様に車庫証明や印鑑証明などの書類が必要になってきますが、これには有効期限がありますので、他の書類も揃えて整え、申請書類を作成しておくと良いでしょう。
普通車の名義変更は、「移転登録」という手続になり、手数料納付書は移転登録にチェックをいれて手数料500円を記入し、検査登録印紙を所定の欄に貼り付けて添付します。
また、申請書はコンピューターで読み込みますが、鉛筆を使って記入すると間違えた時に修正がききますので、鉛筆書きがおすすめです。
また、普通車の場合は、手数料納付書や譲渡証明書が必要になってきます。
軽自動車の場合は、委任状や税申告書などが必要となってきますので、そろえる書類を間違えないようにしましょう。