内装の掃除

せっかく車の査定をしてもらうなら、高く買取してもらいたいものですよね。
そこで、車の査定をしてもらう前にやっておきたいことがあります。
それは、車の内装の掃除です。
車の内装の掃除といっても色々ありますが、ハンディークリーナーで細かいホコリを取るのは勿論のこと、水拭きと乾拭きもしておいたほうが良いでしょう。
車の内装のホコリや汚れは査定のときに細かくチェックされますので、綿棒をつかって細かな溝のホコリをとると、より高価買取してくれそうですよ。
このほか、タバコの焦げやシートの汚れなども査定の時の減点対象となりますので、普段から綺麗に使っておくことも大切ですね。
内装は、普段から綺麗に使っておくということは、普段から汚さないということです。
車の中を綺麗に使うのは当たり前でもありますが、査定前になって慌てて綺麗にしなくても良いように、普段から車の中においておくと良いグッズもありますので、ご紹介しておきましょう。
まず、ウェットティッシュを車の中に常備しておくことをおすすめします。
車内に常備しておくことで、油物やお菓子を食べた後、シートにそのまま触ったりするとシートが汚れる原因となりますよね。
そんなときにウェットティッシュがあると汚れの付着も防ぐことができますよ。
ほかには、ゴミ箱を置いておくことで、ゴミが散乱するのを防ぐことができます。
また、窓拭きタオルをダッシュボードの中などに常備しておいて、普段から綺麗にしておくことで、普段から丁寧に使っていると評価されるでしょう。
この他、ドリンクホルダーを車内に常備しておくことで、飲み物をこぼしたりすることがありませんので、車内の汚れ防止になりますよ。
さらに、車の査定では車内のニオイも減点対象になりますので、臭いニオイがある場合は、液体やスプレー式の車のにおい消しなどで綺麗にしたりすることも大切です。