廃車にするなんてもったいない!古くても故障していても、査定をしてもらおう!

車を売りたいけど、古いから売却できないのじゃないかと悩んでい人が結構いるようですね。
でも、諦めるまえに実際に車を査定にだしてみることも大切です。

 

一般的に10年落ちの古い車や走行距離が10万km以上走っている車の場合は、買取業者は買い取ってくれないといわれていますが、実は、そんな車でも10〜20万以上で売れることがあるのです。
実は、最近は鉄の価値が高いといわれているので、どんなにボロボロの車でもお金になるので、走行距離が多くでも故障していて動かない車で査定してもらって売却することができるようです。

 

なぜなら、これらの車は海外に輸出することで人気車となりますし、日本車は海外でとても人気があるので、日本国内で売却することもできるのですよ。

 

しかし、ディーラーでは、古い車や走行距離が多い車は査定をしても、査定額が0円だったりしますが、インターネットの一括査定サービスを使えば、一度に査定額がわかりますし、家にいながらにして査定額を知ることができるので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

 

一括査定サービスでは、買取業者もみつけることができるので、一番高い査定額を出した業者に実際に来て査定してもらい、査定額に納得することができたら、売却することができます。
車を廃車にするには、レッカー代や書類代、事務手数料などを含めて2〜3万円程度かかるといわれていますが、一括査定サービスを利用して査定したあと、自分の納得の行く業者に売却すると、廃車代以上の査定額がついて嬉しい結果になるかもしれません。

 

廃車にしたり売却できないと諦める前に、インターネットで車の一括査定サービスを使うと良いでしょう。